指導の先生のご紹介

吉元貴弘

武蔵野音楽大学声楽学科卒業。卒業後、ウィーンに留学し、シューベルト音楽院・ウ゛ィエンナ音楽院で声楽・合唱指導法を学ぶ。また、ウィーン楽友協会合唱団正団員として、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ各地で歌い、ムーティ、ラトル、サウ゛ァリッシュ、ウィーン・フィル等ニ共演。新作の世界初演やCD録音にも参加する。
帰国後は、器楽アンサンブル及び、合唱指導者として、歌曲・オペラ・ミュージカル・バレエ音楽・映画音楽・タンゴ等、様々なジャンルを編曲し、その音楽には高い評価を受けている。
 現在、サンシティアンサンブルの他に、松戸シニアアンサンブル"アモーレ"、千葉ニュータウン・シニアアンサンブル、女声合唱団コール・プリマ、混声合唱団プリマ&プリモ、シューベルト・コーアの常任指揮者。

戻る